culture time

独身貴族「カルさん」が音楽について色々言ってるブログ。時間つぶしのお共にどうぞ。

この夏に着たかった!人気“バンドTシャツ”ランキング TOP5 

スポンサーリンク

セミの騒々しい鳴き声ですら、愛おしく思う今日このごろ。短い夏は多くのパリピ達に惜しまれつつも終わりを迎え、季節は秋に移り変わろうとしている。

 

季節というものは、やはり人間の感情にしっかりとリンクしており、普段は真面目で清純な女の子が「夏だからちょっと冒険しちゃった。似合うかな・・・?」なんてビキニを着ちゃうくらいの影響を与えている。「秋だからちょっと冒険して・・・」なんて聞いたことないでしょ?

 

しかし、夏場の大半を職場で過ごす筆者にとっては、季節界の頂点に君臨し多くの信者を抱える「夏」の影響など微塵もなく、汚い居酒屋で日中から酒を食らい「とにかく若いうちは働け!そうすれば絶対に何か掴める!全力で挑戦しろ!」などと説教してくる職業不明のオヤジ程度の影響力しかないのだ。

 

そんな筆者だが1つだけ過ぎ去る夏に心残りがある。

 

「今年も夏にバンドTシャツを着用できなかったな・・・」

 

さて、本日は筆者の無念を晴らすべく、人気バンドTシャツをランキング形式で紹介しよう。

 

※紹介するランキングは社内公用語が英語で有名な、◯天市場のものを参考にしています。

 

目次

定番アイテムのバンドTシャツがさらに注目された理由

METALLICA/AND JUSTICE FOR ALL/メタリカ/メタル・ジャスティス/ロックTシャツ/バンドTシャツ (L)

 

ファンションアイテムとして以前から注目されていたバンドTシャツだが、昨今では若者文化に影響力の強い内外のアーティスト達も着用しているため、その人気は爆発的に高まっている。

 

それでは気になるランキングを紹介していこう。

www.culture-time.net

 

人気バンドTシャツ 第5位 英国ヘビーメタル界の始祖「IRON MAIDEN」

f:id:tanilifelog:20160909225929p:plain

 英国で勃発したメタルムーブメント「NWOBHM」

 

そんな激しい流れの先頭を走り続けているバンドが“IRON MAIDEN(アイアン・メイデン)”である。

 

バンド名の由来は「鉄の処女」と呼ばれる拷問器具。外装は女性、内側は針だらけの見るからに痛そうなアレのことだ。

 

いかにもメタルバンド!って感じのデザインが魅力的な1枚。あんまり女子が着用しているのは見かけないため、ガチ勢向けのバンドなっている印象が強い。

 

多くのバンドを抑え堂々5位にランクイン。

 

 

 

 

人気バンドTシャツ 第4位 誰もがロゴは知っている「The Misfits」

http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/b-drop/cabinet/rockm/t-mfits-cfsku-1.jpg?_ex=400x400&s=2&r=1

 

 

皆さんは写真のスカルロゴに見覚はないだろか?

 

「あー知ってる!!見たことあるー」みたいな感想が非常に多いのがカルト・パンクバンド「The Misfits(ミスフィッツ)」である。日本国内では見事なまでにロゴマークの人気が先行してしまい、バンド名の知名度はイマイチとなっている。

 

数年前に人気スケートブランド「SUPREME(シュプリーム)」とコラボし、3代目JSBのメンバーなどが着用し話題となったため、バンド名よりもロゴの知名度が高くなってしまったようだ。

 Famous Monsters

  バンドロゴだけじゃなく、メンバーの風貌も結構インパクトあるんです。特にトレードマークとなっている「デビロックヘア」は前髪を長く伸ばした特徴的なヘアスタイルである。活動年数も長く、メンバーの頭髪が大分後退してしまっているため、前髪ではなく横髪や後ろ髪を必死にやり繰りして、シンボル的なヘアスタイルを維持している。最近の画像を見るとマジでそろそろ頭髪がヤバイ!!

 

ちなみに筆者の大好きなバンド“黒夢”も彼らの楽曲「Last Caress」をライブのSEに使用していた。

 

個人的には結構上位だと思っていたので少し残念。筆者は過去にも所有しており、今後も新しいTシャツを購入し着用しようと思っている。個人的にはNO1!!

 

 

  

人気バンドTシャツ 第3位 ハードロックの殿堂「Guns N' Roses」 

http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/b-drop/cabinet/rockg/t-gnrose-ajum-1.jpg?_ex=400x400&s=2&r=1

 世界中に多くのファンを持つハードロックの殿堂「Guns N' Roses(ガンズアンドローゼス)」CDのセールスはトータル1億枚という超絶人気バンドである。

 

ど派手なデザインは少し着るのをためらってしまいそうだが、個性が欲しい古着系女子にとってはマストアイテムとして愛されている。

 

超人気バンドのため古着屋での弾数も多く、着用している方々を街などで頻繁に見かけるのだが、9.5割は楽曲を知らないユーザーである。

 

とりあえず着ていれば、ハードロック好きのおじさんとの会話も弾む魔法のTシャツ。代表曲はハードロックらしいミドルテンポのギータリフと「アナナナナナナ」で有名な『Welcome To The Jungle』

 

それにしても若い頃のアクセル(ヴォーカル)は美少年である。

 

時の流れの残酷さを感じつつ貫禄の3位。筆者的にはちょっと着にくいデザインが多いかな。

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

人気バンドTシャツ 番外編 もはやプロレス「Kanye West VS Taylor Swift」

http://image.rakuten.co.jp/anytime212/cabinet/nobrand/01551810/imgrc0075101053.jpg

 

日本国内でも非常に人気の高い元カントリー歌手 のTaylor Swift(テイラー・スウィフト)は、カントリー=民謡=素朴なねーちゃんのイメージをブレイクした音楽界のA級戦犯。

 

デビュー当時の方向性とは変わってしまった彼女だが、美貌、実力ともに折り紙つきのため、シンガーソングライターとしても負け知らずの絶対王者である。

 

彼女の書く歌詞は自身の恋愛経験を元にしており、付き合った男性のプライバシーなど一切無視した殺傷力抜群な攻撃的歌詞が特徴である。

 

そんな地雷女と壮絶なディスり合いを繰り広げ、場外乱闘寸前までいってしまったのはHIPHOPミュージシャンのKanye West(カニエ・ウェスト) 

 

テイラーとカニエのプロレスにも似た泥沼の争いは有名で、今回紹介した写真のTシャツはそんな争いをモチーフにした曰くつきの一品。ドラクエだったら呪われた装備扱いだ。

 

ある意味レアなTシャツなので、筆者は是非とも着用してみたい。そんじょそこらのバンドよりテイラー・スウィフトの方がスピリット的にロックだろ?

[rakuten:anytime212:10007610:detail]

人気バンドTシャツ 第2位 グランジブームの火付け役「Nirvana」

Nirvana / Smiley Tシャツ Sサイズ/黒[Import]

 Tシャツからトートバックと多岐にわたってロゴが使用されている、カリスマ的グランジバンド「Nirvana(ニルヴァーナ)」

 

上記写真のスマイルマークはカート・コバーンが書いたアクセル・ローズの似顔絵とのこと。

 

カーディガンにネルシャツ、ボロボロのジーンズにコンバース・ジャックパーセルを合わせたファッションを世界中に浸透させたカート・コバーン。音楽、精神、ファッションと多くの人々に多大な影響を与えた伝説的な人物である。

 

彼らの代表曲「Smells Like Teen Spirit」はワンオクやマンウィズなどのアーティストにもカバーされており、とんでもない知名度を誇っている。国内のアーティストがカバーすると100%の確率でアンチが発生し、炎上するのは有名な話である。

 

圧倒的な人気のためバンドTシャツといえばコレ!!と言っても過言ではない定番のデザインである。 

 

 

人気バンドTシャツ 第1位 メタル界の絶対神「METALLICA」

 【ノーブランド品】 メタリカ METALLICA DORIS バンドTシャツ (S)

 

 大方予想通りの1位がメタル界の絶対神「METALLICA」のバンドTシャツである。

 

説明不要の超人気バンドMETALLICAだが、one ok rockのTAKAや三代目 J Soul Brothers のNAOTO、海外ではJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)やKanye Westなどのティーンに人気の高いミュージシャン着用している。

 

そのため、ファッションに敏感な若者の間で話題となり、多くの人々が着用する結果となった。非常に人気が高いためファッションブランドも注目し、一部のバンドTシャツはコラボアイテムとして販売されている。

 

日本国内ではMETALLICAのファンではなく、ワンオクファンとしてカウントされる可能性が高く、メタルファンからはやや不満の声があがっている。

 

 

 

 

www.culture-time.net

  

www.culture-time.net

 

      スポンサー広告