culture time

独身貴族「カルさん」が音楽について色々言ってるブログ。時間つぶしのお共にどうぞ。

「MY FIRST STORY」がTAKAの弟のバンドという風潮について

スポンサーリンク

「血筋が良い」なんて言葉を聞いたことはないだろうか?「あの人の家系は代々医者を生業としている家系で・・・」なんて聞けば当然頭もよく、家も裕福で生まれて来る子供も同じように、将来は医者になるんだろうなと予想できる。簡単に言えば「血統も環境も良い」ってこと。

競走馬の世界では血統と能力は密接に関係しており、「将来性の33%は血筋で決まる」なんてことも言われたりしている。残りの67%は、母体内での影響や育つ環境で決まるらしい。(WIKI調べ)

 

映画で言えば「ハリー・ポッター」なんてまさにそれ!ハリーのお父さんは誰もが知ってる超有名な魔法使い。(性格悪め) 当然、ハリーも素晴らしい才能を持って生まれてきた訳だが、育った環境は結構ハード。

幼くして両親を亡くしてしまったハリー。そんな彼を引き取った親戚はとにかく意地悪で、ことあるごとにハリーを責める責める。結果、血統と反面教師的な環境が絶妙にブレンドされ「才能溢れる心優しい少年ハリー・ポッター」が誕生したのだ。

きっと育った環境が甘かったら、絶対に親父と同じ性格になっていたはず!!ようは、創作の世界でも「血統と環境」は重要視されているってこと。

 

そろそろ本題に入ろうと思うんだけど、「森進一」「森昌子」という偉大な歌手の子供として生まれたONE OK ROCKのTAKA。血統としては抜群だけど、環境に関しては恵まれつつも苦労や葛藤も多かった印象。現在では努力も実り、世界で活躍するアーティストに成長した。

そして、TAKAの弟である「MY FIRST STORY」のHIROも、当然ながら血統は申し分ない。さらにデビュー当時のワンオクとは違い、音楽業界のプッシュも強い安心の環境である。こりゃサラブレッド確定だ!と想像しがちなのだが、兄であるTAKAのパクリなどと叩かれ正当に評価されるまで結構時間がかかってしまったのだ。

 

本日は、華々しいデビューから一転して批判の的となった「MY FIRST STORY」と、才能に溺れず進化を続けるヴォーカルHIROについて記事を書かせていただこう。

 

虚言NEUROSE

 

なぜMY FIRST STORYは叩かれてしまったのか?

まず最初にマイファスが叩かれてしまった原因をいくつか紹介しよう。

TAKAとHIROの歌声が似ていた

www.youtube.com

デビュー・アルバム「MY FIRST STORY」に収録されているSecond Limitの動画を見ればわかるとおり、HIROとTAKAの声質は非常に似ている。

 

まあ普通に考えて兄弟なんだから声が似てても仕方ないじゃんって感じのことなんだが、世間の目は完全に「TAKAの弟のバンドMY FIRST STORY」となってしまっていたのだ。

 

さらに、プロモの雰囲気やHIROのパフォーマンスもワンオクに似ていたため、「ワンオクのパクリ」というレッテルを世間からはられてしまった。

 

それはレコード会社にとっては狙い通りの展開かもしれないが、HIROにとってはとんだ災難なデビューとなってしまった。そして数年後、田中率いるINKTも同じ形で世間から注目を浴びることとなる。

 

スポンサーリンク
 

ワンオクとマイファスのジャンルが丁度似てしまっていた。

www.youtube.com

 

2012年に「MY FIRST STORY」をリリースしたマイファスだが、2011年に兄であるTAKA率いるone ok rockがリリースした「残響リファレンス」とジャンルがやや似てしまっていたのだ。

 

話が少しワンオクにそれてしまうが、同タイトルは彼らにとっても転換期を迎える作品となっており、それまで発表してきたメロコア寄りのサウンドから、よりエモーショナルなエモコア/スクリーモに変化したタイミングだった。

 

TAKAやTORU自身もSAM41やThe Usedなどの海外アーティストからの影響を強く受けていると過去にインタビューで答えていたにも関わらず、「残響リファレンス」は洋楽の焼き回しと言われ当時は批判されていた。

 

 そういった状況の翌年に声質、パフォーマンス、音楽ジャンルまで似たマイファスが登場すれば、「ワンオクのパクリだ!!しかもTAKAの弟!!」と叩かれる流れは必然だったのだろう。

 

「MY FIRST STORY」の「HIRO」として常に成長し続ける姿は嬉しくも思う!!

バンドスコア MY FIRST STORY  Single Collection 「最終回STORY」 ?「不可逆リプレイス」

 それでは彼らの音源を確認し、「MY FIRST STORY」世界観や「HIRO」の成長について語らせてもらおう。

嬉し恥ずかしデビュー作!1STアルバムにしてセルフタイトルの本気感「MY FIRST STORY」 

MY FIRST STORY

 デビュー・アルバムにして「MY FIRST STORY」といセルフタイトルを付けちゃう本気感。今作に賭けるバンド、レコード会社の意気込みが感じられるアルバムタイトルとなっている。

 

「マイフェス」デビューのタイミングも、「ONE OK ROCK」の名前を一躍広めた「Nicheシンドローム」と同年となっておりベストなタイミング。

 

何がヒットするかなんて予測不能な音楽業界。「何が何でもシーンの波に乗れ」「類似商品?上等だ!」「とにかく勝ち馬に乗るんだ!!」と業界各所で血眼になって探し続けていた「第二のワンオク」。サラリーマンなら誰でも知っている「成功事例」ってやつですね。

 

そんな中、見つけ出された救世主。なんてたって「TAKAの実弟」間違いないでしょと、神輿に担がれスピードデビュー。本家本元超直系の第三王子を見つけてきた努力は、社会人として尊敬に値する。

 

「あのTAKAの弟がデビュー」なんて話を聞けば、ワンオクファンなら絶対に注目しちゃうよね?

 

さらに今作のリリースは、『残響リファレンス』から半年後と、新規ワンオクファンも熱気ムンムンの万全の状態。最悪失敗しても1作目は話題性で売れるはず!なんてしたたかさも兼ね備えた衝撃作となっている。

www.youtube.com

音源に関しては、2000年前半に流行した衝動的なスクリーモや、オルタネティブロックのテンプレ的な印象。可もなく負荷もない感じである。

 

ワンオク人気にあやかりつつも、隙あらば本家を食ってやろうって売り手側の意志が感じられる完成度。ただ、ヴォーカルの声はTAKAに似てはいるけど、やっぱり細い。そして、1番足りなかったのは、ワンオクのキャッチーさ。

 

まだまだ拙い「HIRO君」を補うために、演奏をガチガチにした感じに聞こえてしまうかな。まだ10代だった「HIRO君」の嬉し恥ずかしデビュー作。


黒と白で「人生」?あれ!?コレってもしかしての2ndアルバム「THE STORY IS MY LIFE」

THE STORY IS MY LIFE

前作から約1年。黒い背景に白文字で「MY FIRST STORY」と書かれたジャケットが印象的な2ndアルバム『THE STORY IS MY LIFE』がリリースされました。その一ヶ月後には、ONE OK ROCKの名盤『人生×僕=』がリリース!なんか「人生」って部分とか似てるけど偶然だよね?

www.youtube.com

今作品での楽曲の方向性の変化は見られないが、「HIRO」の歌唱力の成長や、演奏面での攻め具合は前作からの正統進化と言っていいだろう。

 

さらに前作よりも作曲者の趣向が前面に押し出された作品となっており完成度も高いのだが、相変わらずパンチが効いていない印象を受ける。

 

個人的にはどっちが1STアルバムだっけ?って間違えやすいジャケットは悩み。

遂に開花した「HIRO」のオリジナリティ!!3rdアルバム「虚言NEUROSE」

虚言NEUROSE

「鉄は熱いうちに打て」なんて言葉あるくらいなので、若い内にドンドン経験を積ませた方が良いのは当然のことである。そんな感じで、前作からの1年で2枚のシングル(『最終回STORY』『Black Rail』)をリリースし、そして待望の3rdアルバム『虚言NEUROSE』をリリースした「MY FIRST STORY」。

 

我らの「HIRO君」も髪色を金髪に変えホスト風の出で立ちに見事に進化!!しかし、変わったのは風貌だけではありません!3枚目のアルバムして遂に手に入れた独自の世界観。なんとも方向性が見いだせていなかった「マイファス」の音が確実に変わりだしたのは今作だ!!

www.youtube.com

何が変わったの?って部分については、エレクトリック・サウンドをふんだんに取り入れた『虚言NEUROSE』を聴けば一目瞭然!!ダンサンブルなビートに、切ないハイトーンボイスが絡み合う楽曲は、胸焼けしそうなほどエモーショナル。激情に激情を重ねる歌唱と演奏は、ゼンマシマシチョモランマ状態と濃厚こってり次郎モード。カロリー2000超え!?うるせぇ!!ってな感じで最高である。ミュージック・ビデオはドラマパートが長すぎですが・・・。

 

筆者の感想としては、喉を絞り込むような声を出す「HIRO」の歌唱方は、今まで足りなかった「マイファス」としてのオリジナリティを感じさせてくれる。ドラマのテイストとしては昭和のゴテゴテした恋愛物!!

バンドとしてのグルーヴ感も最大の激情ロックの決定版!!4tnアルバム「ANTITHESE」

【早期購入特典あり】ANTITHESE(初回限定盤)(DVD付)(予約特典LIVE DVD付)

 

デビュー初期の「マイファス」ってなんかバンド感が薄く、メッセージ性もバンドとしての世界観もあんまり感じられなかったのだが、3rdアルバム辺からバンドって雰囲気が大分出てきたと個人的には思っている。そして今作 「ANTITHESE」では、過去作品にはなかったバンドとしての確かなグルーヴ感がビシバシと伝わってくる。 

www.youtube.com

 「ワンオクのパクリ」なんて評価多い彼らだけど、完全に独立した音楽性に向かっている。

 

ワンオクはスタジアムロックやエモポップに、マイファスは尖りに尖ったポストハードコア路線に進んでますよね。(デビュー当時からといえばそうだけど)

 

衝動的な楽曲が多い同ジャンルは、脆さや儚さ、苦悩や葛藤を背負いに背負った「HIRO君」には、お誂え向けのジャンル。苦労と言っても、兄TAKAの方が大変だったかも・・・。でも、あの兄と比較されるのも辛いかも・・・。うーんなんとも。 一つだけ言えることは、HIRO君、大分ミュージシャンっぽくなってきたよね!!

 

 

マイファス待望の武道館公演!!しかし・・・

 

www.culture-time.net

 

      スポンサー広告