読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

culture time

音楽関係のまとめや考察

僕は「SEKAI NO OWARI」というバンドの存在が怖い

こんな音楽は子供騙しだ。絶対に流行らない。存在自体がメジャーには不向き。気持ちが悪い。理解ができない。そんな言葉をあざ笑うように、多くの支持を集め、瞬く間にシーンに浸透していった「SEKAI NO OWARI」。 当然ながら、筆者も彼らを嘲笑していた人間…

「SEKAI NO OWARI」が嫌われる理由はメンバーになかった話。

アンチが多いことで有名な「世界の終わり」こと「SEKAI NO OWARI」。メジャーデビューから数年が経過し、皆さんも彼らの存在に大分「馴れ」が出てきたと思われる。しかし、現実は厳しく、今だに「嫌いなバンドランキング」の上位にノミネートされてしまって…