読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

culture time

音楽関係のまとめや考察

ワンオクのTAKAと時雨のTKが Aimer に楽曲提供

スポンサーリンク

 

「ワンオクのTAKAと時雨のTKが楽曲を提供」とのニュースを遅れながら知った筆者。

人気名実ともに非常に高い両名が、女性シンガーのAimer(エメ)の記念すべき10tnシングルに楽曲を提供するとのこと。

筆者はどちらの“T”も大好きなので、今回発売されるCDは必然的に注目せざる負えない状況なのである。

ミーハーな落ちぶれた音楽評論家気取りの筆者は“ブランド”という力に非常に弱く、絶対に名作だ!!売れないはずがない組み合わせ!!話題性抜群!!と聞く前からありがたがってしまっているので、それはいけないと実際に視聴してみることにした。

insane dream / us(初回生産限定盤)(DVD付)

Aimerを実際に視聴してみた

信仰心が邪魔をして正確な判断を下せない筆者の色眼鏡をぶっ壊すべく、実際にyoutubeのAimer公式チャンネルにアップされているinsane dreamを視聴してみた。

youtu.be

insane dreamに関しては楽曲提供だけではなく、プロデュースからコーラスまでONE OK ROCKのtakaがおこなっているとのこと。10THシングルにかける会社としての強い意気込みが感じられる。

筆者が唯一知っていた「誰か、海を。」は菅野よう子がプロデューサーを務めていたので、Aimerの力強い歌声と菅野よう子の作り出す世界観が合わさり、Björkようなアーティストの印象を受けた。

今作はエレクトロと野太く歪んだギターが絡み合うイントロから始まり、インダストリアル風のオケをバックにAimerの力強い歌声を聞かせてくれる。ありがちな流れの中で独自の世界観を表現できるのは、Aimerの確かな実力があってこそだと思う。コーラスを担当したtakaも流石の仕事である。基本は機械的なコーラスだが、美味しい所ではしっかりとtakaらしいシャウトを聞かせてくれる。

注目のアーティストがコラボした期待の作品なので、Aimerのファンだけではなく幅広い層に是非とも聞いてほしい楽曲だ!!

 

insane dream / us(初回生産限定盤)(DVD付)

insane dream / us(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 あとがき

公式動画に上がっていた関係もあり、メインはtakaプロデュースのinsane dreamになってしまった。

それにしてもtakaさん、コーラス担当なのにすげえ前の方に出てきているのは気のせいか?

takaファンとしては非常にうれしく、リンキンのチェスター風味のシャウトも筆者は大好きだが、一度耳にすれば「あれ?これTAKAじゃね?」と判断できてしまう前のめりのコーラスは、今回発売される作品のアーティスト欄をAimer with taka from one ok rockと改めてもよいレベルだ。

曲の雰囲気やギターの音入り方などがエヴァネッセンスぽいなーと何となく懐かしさを感じた底辺音楽好きの筆者だった。

 

youtu.be

 

www.culture-time.net