culture time

独身貴族「カルさん」が音楽について色々言ってるブログ。時間つぶしのお共にどうぞ。

ONE OK ROCK史上初となる大型ドームツアー「ONE OK ROCK 2018 AMBITIONS JAPAN DOME TOUR」についてのアレコレ話

スポンサーリンク

 もはや年末付近の恒例行事とかした“ONE OK ROCK”の衝撃ニュース!!来年の3月より「ONE OK ROCK 2018 AMBITIONS JAPAN DOME TOUR」と題しまして、ワンオク史上初となるドームツアーの開催が決定しました。本日は若干出遅れながらも、今回のツアーに付いての情報や感想を書かせていただこうと思います。

目次

 

毎年、ファンを焦らして喜ばすONE OK ROCK

ONE OK ROCK PRIMAL FOOTMARK 2017 #6(写真集のみ。メンバーズカード無し) /ワンオクロック

 皆さんお嘆きだった、2017年版の「PRIMAL FOOTMARK」の出番が遂にやって参りました。PRIMAL FOOTMARKと言えば、入手困難なワンオクのライブチケットを初回先行から応募できる優れものではありますが、ここ数年は海外活動にも力を入れているONE OK ROCK。国内公演の本数は減少気味。

 

 昨年の2016年もフェスへの出演などはありましたが、ファンの望む単独公演は、大型野外ライブ「ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN」のみとファンの皆さんとしては寂しい公演数。

 

www.culture-time.net

 そんな状況に、多くのワンオクファンが「PRIMAL FOOTMARK2016」の存在価値に疑問を抱いていたでしょう。中には毎年増え続けていく本棚の「PRIMAL FOOTMARK」を漬物石の代わりに利用しようかな?なんて冬支度をしていた人もいるのでは?

 

   そんな矢先、まさかの重大ニュースが発表されたのです。「Ambitions 2017 JAPAN TOUR」の公演が決定。さらに先行予約は「PRIMAL FOOTMARK2016」の会員から・・・。その結果、2016年11月前半には、まだまだ購入できていたはずの「PRIMAL FOOTMARK2016」は品切れとなり、フリマサイトでは価格が高騰。入手困難となったのです。

 

www.culture-time.net

 

 以上のような経験から、やはり「PRIMAL FOOTMARK」は大切なアイテムなんだなと多くのワンオクファンが認識を改め、2017年版の購入していくのでした。「次回は出遅れないぞ」と。

 

 しかし、そんな状況をあざ笑うかのように「PRIMAL FOOTMARK2017」は活躍する機会がありませんでした。

 

 ファンの中には「Ambitions 2017 JAPAN TOUR」の公演後に追加の単独公演が発表されると信じていた方々も居ましたが、追加公演は行われず、ONE OK ROCKは海外に旅立って行きました。

www.culture-time.net

 その後リリースされた唯一の国内公演であった、TAKAのリスペクトするアーティスト「Linkin Park」との共演も、悲報により中止。今ライブは「PRIMAL FOOTMARK2017」での先行がなかったため(Linkin Parkのレコ発なので当然といえば当然)前年以上に2017年版の使い道は無かったのです。

www.culture-time.net

 多くのファンがそんな状況に嫌気がさし、「そろそろ寒くなってきたし、火でも起こすか。おーおーこんなところに丁度いい本があるじゃないか」なんて思っていた矢先、前年同様、翌年のライブスケジュールが発表されたのです。なんと2018年は大人数を収容できるドーム公演!!「ONE OK ROCK 2018 AMBITIONS JAPAN DOME TOUR」が開催されるのです。

 

 ファンからすれば「今年もやりがったな!!」って感じですね。それでは公演の日程や詳細を記載してみます。

 

スポンサーリンク
 

ワンオク史上初なるドームツアー「ONE OK ROCK 2018 AMBITIONS JAPAN DOME TOUR」の開催決定!!

http://www.oneokrock.com/wp-content/uploads/2017/11/oor_dome_admat_jp-e1510822242527.jpg

 画像引用URLONE OK ROCK official website

 

 初となるドーム公演。今回は国内の4ドームが会場として選ばれました。収容人数はまちまちですが、3万人以上からと、強気の集客予想。東京ドームは5万5千人の収容が可能ということで、2日間で11万人の来場が見込まれています。(実際の収容人は未定)しかしながら、静岡県の渚園で行われた野外ライブでも、2日間で11万人を集めるONE OK ROCKですので、チケット争いは必至。会場やチケット情報は下記の通り!!

 

■2018/03/31(土) 大阪 : 京セラドーム大阪
【開場/開演】OPEN 16:00 / START 18:00
【一般発売日】2018/02/24(土) 【問い合わせ】 YUMEBANCHI 06-6341-3525

 

■2018/04/01(日) 大阪 : 京セラドーム大阪
【開場/開演】OPEN 15:00 / START 17:00
【一般発売日】2018/02/24(土) 【問い合わせ】 YUMEBANCHI 06-6341-3525

 

■2018/04/04(水) 東京:東京ドーム
【開場/開演】OPEN 16:00 / START 18:00
【一般発売日】2018/02/24(土) 【問い合わせ】SOGO TOKYO 03-3405-9999

 

■2018/04/05(木) 東京:東京ドーム
【開場/開演】OPEN 16:00 / START 18:00
【一般発売日】2018/02/24(土) 【問い合わせ】SOGO TOKYO 03-3405-9999

 

■2018/04/14(土) 名古屋 : ナゴヤドーム
【開場/開演】OPEN 17:00 / START 19:00
【一般発売日】2018/02/24(土) 【問い合わせ】サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

 

■2018/04/15(日) 名古屋 : ナゴヤドーム
【開場/開演】OPEN 15:00 / START 17:00
【一般発売日】2018/02/24(土) 【問い合わせ】サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

 

■2018/04/21(土) 福岡 : 福岡ヤフオク!ドーム
【開場/開演】OPEN 16:00 / START 18:00
【一般発売日】2018/02/24(土) 【問い合わせ】BEA 092-712-4221

 

■2018/04/22(日) 福岡 : 福岡ヤフオク!ドーム
【開場/開演】OPEN 15:00 / START 17:00
【一般発売日】2018/02/24(土) 【問い合わせ】BEA 092-712-4221

 

 

*前売チケット¥8,640(税込) 全席指定
*年齢や座席の要不要を問わず、お一人様1枚チケットが必要となります
*オフシャルHP先行チケット受付は12/18〜を予定しております

※公式HPより引用ONE OK ROCK official website

 

 ツアーのタイトル通り、メインは『AMBITIONS』!?

 今回のツアータイトル「ONE OK ROCK 2018 AMBITIONS JAPAN DOME TOUR」の表題からもわかるように、今回の行われる公演は『AMBITIONS』がメインとなると思われる。公式発表なども「凱旋」ということなので当然といえば当然であるが、長期にわたる世界ツアー後の待望の国内ライブ。大人数を収容するアリーナを舞台に、更に成長したONE OK ROCKの活躍を見られるのは、ファンにとっては喜ばしいことである。

 

 やはりセットリストも『AMBITIONS』が中心なのだろうか?出来ることなら「ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN」のような、新旧織り交ぜた楽曲を披露してもらえるとありがたい。それでは参考に「Ambitions 2017 JAPAN TOUR」の中で、大型ホールかつゲスト出演の無かった「幕張公演」のセットリストを紹介しよう。ゲストなしとは書きましたが、大山琉杏さんが急遽出演したり、熱中症で話題になったあの公演です。

 

 

  1. Ambitions – Introduction –  収録作品『Ambitions』
  2. Bombs away          収録作品『Ambitions』  
  3. ONION!           収録作品『人生×僕=』    
  4. Deeper Deeper          収録作品『人生×僕=』 
  5. Taking Off             収録作品『Ambitions』
  6. 20/20               収録作品『Ambitions』
  7. Cry out                                                   収録作品『35xxxv』
  8. Clock Strikes                     収録作品『人生×僕=』 
  9. Bedroom Warfare       収録作品『Ambitions』
  10. 69                                                           収録作品『人生×僕=』 
  11. Always coming back     収録作品『Ambitions』
  12. Taking Off (Acoustic)     収録作品『Ambitions』 
  13. Wherever you are (Acoustic)      収録作品『Nicheシンドローム』
  14. Hard to love            収録作品『Ambitions』
  15. Listen (featuring Avril Lavigne)  収録作品『Ambitions』
  16. Bon Voyage           収録作品『Ambitions』
  17. Start Again           収録作品『Ambitions』
  18. I was King           収録作品『Ambitions』
  19. Take what you want       収録作品『Ambitions』
  20. The Begining                    収録作品『人生×僕=』 
  21. Mighty Long Fall                              収録作品『35xxxv』
  22. We are            収録作品『Ambitions』

アンコール

  1. One Way Ticket        収録作品『Ambitions』
  2. 完全感覚dreamer                                収録作品『Nicheシンドローム』

 改めてセットを見てみると『AMBITIONS』の楽曲がやはり多め。渚園でのセットリストの豪華さがよく分かる。いや、このセットも十分豪華ですけど・・・。

 

LIVE DVD『ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN』

LIVE DVD『ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN』

 

 

集金ツアーに思われる可能性もあるが、やっぱりファンとしては参加したい今ツアー

 是非とも参加したいドームツアーなのだが、ちょっとばかり集金ツアーの側面も感じてしまう筆者。ただただ心が荒んでいるだけか、はたまたONE OK ROCKレベルで活躍しているアーティストが少ないので困惑しているのかは不明ですが、どうしても海外プロモーションの活動には「金」がいるんだよって印象を受けてしまう。「世界で活躍している!!」とは言っても、まだまだ海外(欧米諸国)での認知度は低く、絶賛売り出し中のアーティスト状態。

 

 さらにロックの需要も年々低くなってきており、少しでも早く海外で登り詰めるためにも積極的に海外での活動を行いたい。そのためにはサクッと集客してサクッと資金を集めたい。そんな地盤が整っているのが、我が国“日本”ではありませんか。(公演回数✕集客数✕チケット単価)+グッズ販売=運営資金と考えた場合(当然経費もこちらに含まれます)、公演回数を増やすと海外での活動との折り合いもつかないし、チケット単価を極端に上げるとイヤらしく見えてしまう。そうだ一気に集客できるドーム公演を開催しよう!!ってな感じで、『Ambitions』の凱旋ツアーって形にすれば、ある程度グッズのデザイも出来ているし、新しいものを作るにしても簡単に作り直せばいいじゃないか!最悪ツアーTなんて「2017」を「2018」に変えるだけでも大丈夫だろう!!なんて想像をしてしまう。

 

 どうせ、今回のツアーが終わったら、また海外に行ってしまうんですよね?なんてことを考えながらも、やっぱりファンなら行きたいよ!!なので筆者も東京ドーム公演のチケットが取れるように頑張ろうと思う。それでは皆さん健闘を祈ります。さようなら。

      スポンサー広告