読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

culture time

音楽関係のまとめや考察

ONEOKROCK 渚園野外ライブ 未来への備忘録

スポンサーリンク

2016年9月10日、11日に大型アウトドア施設“渚園”にて行われた“ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN” 

 

2日間で合計10万人以上のファンが集まった今回のライブだが、地方開催ということもあり幾つかの問題もあった。

 

今後も渚園が他アーティストのライブ会場として使用される可能性もあるので、今回の渚園でのライブ内容や参加者の皆さんの感想、当日の状況について備忘録を残そうと思う。

 

おすすめの記事

 

www.culture-time.net

 

www.culture-time.net

目次

“ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN” 



 

Takaさん(@10969taka)が投稿した写真 -

ライブの発表は4月

2016年4月に発表された“ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN”のイベント告知。情報の詳細は5月27日に特設HPにて発表された。

 

今回のライブが注目された理由

2016年前半の彼らは海外での活動が多く、国内でのライブイベントはフェスへの出演が中心となっていた。そのため、多くのファンたちが彼らの単独公演の発表を待ち望んでいたのだ。

 

そんな中、発表された今回のライブ。初となる大型野外ライブということもあり、日本中のOORer(ワンオクファン)が注目することとなる。

 

 会場や日程

http://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/userstorage/000/009/432/384/af244f42b8.jpg

 

写真引用urlhttp://minkara.carview.co.jp/userid/922839/blog/33496591/

《日程》

2016年9月10日(土)

2016年9月11日(日)

両日共に 開場10:00/開演15:30/終演18:00(予定)

雨天決行/荒天中止

 

《会場》

渚園 特設会場(静岡県浜松市)

静岡県浜松市西区舞阪町弁天島 5005-1

 

会場となる渚園は大型アウトドア施設となっており、時期によってキャンプや潮干狩りが楽しめる施設となっている。

 

過去にも、B'zやサザンなどの大御所アーティストがライブイベントを行っている。今回2日間ライブを行ったONE OK ROCKは、単日で5万5千人の観客を動員しており、単純計算すると2日で11万人である。

 

ちなみに夏フェスで有名なフジロックの動員が3日で10万人半ばと言われており、比較してみると今回のイベントの凄まじさがよくわかる。

 

立地などについては、過去にまとめた記事を参照いただければ思う。 

www.culture-time.net

 

 チケットの発売日程

  • PRIMAL FOOTMARK先行
    • 受付期間 5月27日(金)12:00 ~ 6月 6日(月)18:00
    • 当落発表 6月 9日(木)18:00
  • オフィシャルサイト先行
    • 受付期間 6月10日(金)12:00 ~ 6月26日(日)23:59
    • 当落発表 6月29日(水)18:00
  • アミュモバ先行
    • 受付期間 6月28日(火)12:00 ~ 7月 4日(月)18:00
    • 7月 7日(木)18:00

 

《チケット》

スタンディング(ブロック指定) 7,400円(税別)

 

チケットの先行は「PRIMAL FOOTMARK」から開始される。

 

PRIMAL FOOTMARKとは、毎年発売されるONE OK ROCKのフォトブックである。

 

付属しているアクセスコードを専用サイトに登録することで、チケットの先行に応募できるなどの特典がある。

 

チケットが欲しいファンの皆さんにはお勧めの品だが、毎年置き場所に困る可能性は高い。

 

www.asmart.jp

 

チケット転売問題

毎度毎度のことながら、チケット価格が転売により高騰してしまっていたが、今回は動員数が通常のライブと比べ多いため、最終選考後は価格も徐々に下降していく傾向となった。

 

さらに、ライブのブロック分けが発表された後には、定価以下で販売する在庫処分状態の転売屋も続出しており、「ざまあwww」と思える展開である。

 

チケットを探している人はTwitterをチェックしてみよう。(予定が合わなくなったファンがチケットを定価で譲ってくれることもある)

 

スポンサーリンク
 

ライブ当日について

 

 

Takaさん(@10969taka)が投稿した写真 -

 

天候

台風の多い時期なので心配されていた天候だったが、両日ともに晴れとなった。

初日に比べると2日目の方がやや肌寒いという感想が多い印象を受ける。

開場時間や退場時間は日が出ていないため、気温が低かったので防寒具は必須である。

 

交通状況

会場となる渚園の周辺道路は非常に込み合い、駐車場は先行予約により完売。浜松駅周辺の駐車場も満車が多かったようだ。

 

電車移動に関しては、臨時列車が稼働し10分から15分間隔で運行されたが、乗車人数が定員を超えてしまい規制が引かれていた。民族大移動状態。

事前に往復の切符を購入しておこう。

 

弁天島駅から渚園までの間はコンビニが1つしかないため、非常に混雑するので買い物は事前に済ませておこう。

 

駐車場に関しては、近隣に住んでいる方が貸してくれる事例が数件ありました。

2駅先で1日2000円。弁天島の場合はもう少し高いかも?会場近隣で無料で停めさせてくれる事例もあり。

 

個人で船を出し、水上タクシーをしていた方がいたそうです。1人1000円~

(釣り船屋さんとかならOKなのかな?)

 

上記2点は個人間のやり取りになるので、何か有った場合の対応が難しくなる。自己責任

 

 

旅行会社の主催するツアーもあるので、移動を考えるのが面倒な方は利用することをお勧めする。

ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN JTBオフィシャルツアー

ライブ開場までの状況

 開演は10時。始発から現地に向かう人も多く、弁天島駅から渚園に向かう人々で混雑した。

 

入場に関しては徹夜待機や野宿、車中泊は除外され、始発で並んだ人を優先したそうです。スタッフさんのナイス判断!!ルールは守りましょう!

入場方法と物販

チケットとリストバンドの交換は、ブロックごと交換受付が用意されていた。

 

物販の購入は開園後から可能。昼頃で3時間待ちとなっていたのでグッズの欲しいファンは入場をできるだけ早めることをお勧めする。

 

オークションサイトには、すでにグッズが転売目的で出品されている。

 

ブロックについて

ブロックについては下記通り。(公式サイトから引用)発表はライブ開催日の1週間前。(9月2日)

f:id:tanilifelog:20160911233133p:plain

引用URLONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN

 

 催し物

フードエリア(屋台)、物販ブース、過去ライブポスターの展示、ワンオクカラオケブースなどなどが用意されていた。カラオケコーナーについてはTAKAもMCで「ワンオクファンの前でワンオクの曲を歌う地獄絵図」と語っていた。動画を見る限りは青春の黒歴史である。

セットリスト

1.Re:make       「残響リファレンス」     
2.じぶんROCK     「Nicheシンドローム」
3.Cry Out        「3xxxv5」
4.Clock Strikes      「人生×僕」
5.20 years old      「感情エフェクト」
6.Deeper Deeper     「人生×僕」
7.Let’s take it someday   「残響リファレンス」
8.カゲロウ        「ゼイタクビョウ」
9.Always coming back    配信曲
10.the same as..acoustic ver.    「人生×僕」
11.Be the light acoustic ver.     「人生×僕」
12.C.h.a.o.s.m.y.t.h. acoustic ver.   「残響リファレンス」
13.Take me to the top   「3xxxv5」
14.アンサイズニア    「残響リファレンス」
15.TAKING OFF      9月16日配信開始 新曲
16.The Beginning    「人生×僕」
17.Mighty Long Fall    「3xxxv5」
18.Nobody’s Home   「Nicheシンドローム」

アンコール

19.Wherever you are  「Nicheシンドローム」

20.キミシダイ列車    「残響リファレンス」

21.完全感覚Dreamer  「Nicheシンドローム」

 

両日共に同じセット。しかし、内容は非常に充実しておりライブに行った皆さんがうらやましい!!思ったより「3xxxv5」の曲が少ないので、新旧全てのファンが楽しめるイケイケなセットリストの印象を受けます。

アンコール前のNobody’s Homeは非常に見たかった・・・カゲロウもやっているし・・・DVDを購入します。

 

渚園でのライブ風景を「TAKING OFF」と合わせたPV。壮大過ぎる・・・

 

www.youtube.com

ライブ中に起こった様々なドラマ

SNSなどで共有され、ライブ直前にはTAKAのインスタにも紹介された“ワンオク兄弟”がMC中のステージに招かれ登場した。この兄弟はファンの間では非常に有名で、今回のライブ開演前にもワンオクファン達と写真撮影などをしていた。

 

Takaさん(@10969taka)が投稿した動画 -

 

その他にもツイートを眺めていると様々なドラマが起きていたようだ。

 

 プロポーズに関しては成功してよかった!!断らてたら永遠の思い出になってしまう。

 

one ok rockに注目する多くの芸能人やミュージシャン

今回のライブは地方公演ということで、都市部からのアクセスはやや悪目となっていたが、one ok rockに縁のある芸能人やミュージシャンが応援に駆けつけていた。

 

俳優では三浦翔平さんや、TAKA自身も兄弟みたいな関係と語る佐藤健さん、ミュージシャンではミスチルの桜井さんやPerfume、おねえモデルで有名なIVANさんなどの姿が見られたそうだ。実に華々しい交友関係である。そしてトップミュージシャンも注目する one ok rock!!

 

www.culture-time.net

規制退場

今回のイベントは非常に人数が多かったため、安全を考えブロックごと係りの指示に従い退場する“規制退場”が用いられた。

 

退場はA1から順番で行われ最終はDブロックとなった。ステージから遠く、退場も最後のDブロックの扱いには少し残念な印象を受ける。最初と最後の退場時間の差は1時間半。

 

電車の時間が迫っているため、強行手段で退場する人との報告もあり。

 

マナーを守って早々に帰宅するには、アンコールを最後まで見ずに帰るしかないとのこと。非常に悔しいはず。

 

新幹線の乗車時間に間に合わず帰宅難民となった方々も多かった。

 

ファンのマナー

一部でファンのマナーが問題視されている。

  • 徹夜組、野宿組など
  • 会場でのゴミのポイ捨て
  • 列への横入り
  • 会場以外でのバカ騒ぎ
  • ライブの撮影(盗撮)
  • ライブ中の痴漢行為
  • ペットボトルを投げる
  • ライブ終了後のリストバンドの転売

上記のようなファンとは思えない行動に出る人がいる中、OORerとしてマナーを守り助け合うファン達も多くいたことは、救いであり誇りでもある。

 

 

 

 まとめ

こんな感じで備忘録を作成してみた。ライブには参加できなかったが再度“渚園”でライブがある際に役立てばいいなと考えている。

 

ライブレポートに関したは下記サイトで取り扱われている↓とにかくうらやましい!!

今回のライブはWOWWOWで11月20に放映予定とのこと!!加入してないけど!!

blog.livedoor.jp

 

2017年にはアルバムのリリースとツアーの開催がTAKAより発表されたので、次回こそは参加しようと決意した2016年の夏の終わり。

 

ファンの皆さま参戦お疲れ様です。

 

www.instagram.com

 

 

www.culture-time.net

 

その他のワンオク関連の記事↓

www.culture-time.net

お勧め記事

www.culture-time.net