culture time

独身貴族「カルさん」が音楽について色々記載してるブログです。否定も肯定も全てはアーティストへの愛を根底としています。

気がついたら「米津玄師」がヤンキーとも仲良くなっていた話

地方都市に在住している方にとっては“あるあるネタ”みたいな感じではありますが、地元に残っている幼少期からの友達って学生時代はヤンチャしていた人達が多くないですか?進学による上京などが原因だとは思われますが・・・筆者の地元の元ヤン構成比率は結…

WANIMAを嫌うアンチユーザーの心模様を考えてみた話

2017年に古巣であるPIZZA OF DEATHからワーナーミュージック・ジャパン内のレーベル「unBORDE」へ移籍し、メジャーデビューするなんてニュースが発表されたのは、たしか3月位だったはず。そこから僅か数カ月後の11月後半には、まさかの紅白出演まで決定しま…

ONE OK ROCK史上初となる大型ドームツアー「ONE OK ROCK 2018 AMBITIONS JAPAN DOME TOUR」についてのアレコレ話

もはや年末付近の恒例行事とかした“ONE OK ROCK”の衝撃ニュース!!来年の3月より「ONE OK ROCK 2018 AMBITIONS JAPAN DOME TOUR」と題しまして、ワンオク史上初となるドームツアーの開催が決定しました。本日は若干出遅れながらも、今回のツアーに付いての…

「THE ORAL CIGARETTES」に対してヴィジュアル系って言うのは褒め言葉だと思った話

人気バンドのインタビュー記事などでよく見かける「影響を受けたアーティストは?」という鉄板の質問。こう言った質問をする理由としては、メンバーのルーツとなっているアーティスト達の影響が、バンドの音やスタンスに色濃く反映されることが多いからなの…

ポルカドットスティングレイって凄い丁度いいよねって話

人にはそれぞれ好みがあり、その微妙な塩梅を「丁度いい」なんて言葉で表したりしますよね。 例えば、お蕎麦だったら“富士そば”くらいのそば粉4割、小麦粉6割くらいの割合が筆者には丁度いいと思うし、“TDS”より“TDL”の方が絶叫アトラクションも少なく、安心…

邦ロックを代表するバンド[Alexandros]って評価は皮肉じゃないかと思った話

人生には無限の可能性が広がっているなんて考えていたのは10代前半までだ。気がつけば現実という名の鎖に繋がれ、夢に向かって歩む事もすら許されない自分自身の姿に落胆すら覚えた時もある。 しかし、こうして鎖に繋がれたまま日々を全うしている限りは、世…

「Crossfaith」って人気バンドのポジションにいる割にパッとしないイメージが強い話

ここ数年で「スクールカースト」なんて言葉を耳にする機会が増えた。簡単に言えば生徒間の序列を意味している言葉らしく、学校という小さな社会を舞台に生徒同士の順位付けが行われているようだ。 こういった話はけっして珍しいものではなく、ある程度の人間…

「LiSA」のエロ路線は成功だと思った話

アーティストの購買層を明確にするためにも、コンセプトって部分はとっても重要なポイントだと筆者は考えているんです。皆さんも現在人気のアーティストを思い浮かべてください。きっと他のアーティストにはない明確なコンセプトがありますよね? コンセプト…

「ONE OK ROCK」の嫌いな理由を考えてみた話

「ONE OK ROCK」といえば2017年にリリースしたニュー・アルバムが全米チャートにランクインしたり、国内を横断する大型アリーナツアーを開催・成功に収めたりと、名実ともに折り紙つきの超人気バンドである。 しかし、その人気ゆえにアンチユーザーも非常に…

「Hi-STANDARD」ってバンドは今の若者には受けないんじゃないか?って話

昨年に16年振りとなるニューシングルをゲリラリリースしたことが話題となった伝説のバンド「Hi-STANDARD」。 同年には彼ら主催のフェスである「AIR JAM」も開催され、2017年10月には18年振りとなるニュー・アルバムのリリースまで控えている。 そして10月後…

「My Hair is Bad」ってバンドが青臭い話

ロックってジャンルは時代を彩るモノであり、その時その時代に主流のバンドだからといって全てのロックリスナーの胸に刺さるものではない。そんな筆者の説を見事に打ち崩したバンドが「My Hair is Bad」だ。 本日は10代20代を支持層の中心に持つ「My Hair is…

「Suchmos(サチモス)」の評価は「便利」が一番マッチしているのではと思った話

TVCMに楽曲が起用されたことにより、一躍スターバンドの仲間入りを果たした「Suchmos(サチモス)」。 以前よりブレイク寸前のバンドとして、多くのメディアから確かな評価を集めていた彼らなので、現在の立ち位置は当然と言えば当然なのだが、メディアへの露…

「KEYTALK」ってアイドルじゃなくてバンドだろ?って思ってたらアイドルだった話

女性リスナーからの圧倒的な支持により、現在では「アイドル・バンド」なんて皮肉交じりの呼ばれ方をしているロックバンド「KEYTALK」。 その人気は若年層ばかりと思いきや、「40歳主婦です。今度娘と大好きなKEYTALKのライブに行きます。やはり私くらいの年…

不要なCDは売ってしまうのが正解なのかって話

真似事ではあるが音楽ブログを運営しているからだろうか?最近妙にCDが増えた気がする。 元々、音楽鑑賞を趣味にしていたため、ある程度の枚数は所有していたのだが、ここ最近はちょっとばかり購入しすぎたかな・・・。 CDラックから溢れかえったCD達は床に…

「coldrain」の女性人気ついて考えてみた話

本来であればラウド・ロックとは男の音楽である。重厚で硬質感溢れる攻撃的なサウンドは、女子供には到底理解できる代物ではない。 いや。むしろ理解してほしくない。だって「ラウド・ロック好き」の女性って、なんか怖いイメージを抱いてしまうでしょ?筆者…

「BABYMETAL」のニューアルバムのリリースはいつ?そして、その難しさを考える話

アイドルファンだけではなくロックファンをも唸らす活躍で、話題沸騰中のアイドルグループ「BABYMETAL」。 彼女たちの2014年からの飛躍は凄まじく、単独武道館公演の成功、『METAL RESISTANCE』の世界的評価、海外有名フェスへの出演、さらには、あの「Metal…

「欅坂46」の“異様なコンセプト”と音楽性についての話

2015年に結成されたアイドルグループ「欅坂46」。デビューから2年、破竹の勢いで注目を集めいてる彼女たちの1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』が遂にリリースされた。本日はメンバーの名前など全くしらない筆者が注目した、彼女たちの音楽性やコン…

「NIRVANA」を評価しないことはロックに対する冒涜なのか?

皆さんの周りにもいませんか?「ニルヴァーナを聴かない奴にロックを聴く資格はない」なんて発言をしている痛いロック好き。 そういった思考になってしまう人の大半はロックという文化に陶酔し、正常な判断ができなくなってしまった生ける屍のなので、人思い…

ガールズ・バンド「yonige」はアボカドの一発屋なのかって話

完全に飽和状態のバンド業界。奇を狙い個性を演出しようにも、そこは既に狩りつくされたレッドオーシャン。血で血を洗う修羅の世界とは正にこの事。もう個性が個性として通用しない時代なのです。マッシュルームカットもダメ。4つ打ちビートもダメ。狼マス…

「SLIPKNOT」ってバンドが日に日に真人間になっているなと思った話

「 恐怖の大王がやって来て地球を滅ぼす」なんて予言がされていた1999年。多くの人々を不安にしたそんな予言も、幸いなことに的中することもなく、地球は今も回り続けている。 だが、恐怖の大王は予言通り地球に降臨していたのだ。 1999年にデビュー・アルバ…

「クリープハイプ」ってバンドがやっぱり嫌いだ

「日本人はバンドサウンドが大好き」なんて皮肉ったことを言う人もいるが、「好きなものは好きなんだから仕方ないでしょ!」と、開き直ったかのように多くのバンドが結成されデビューし続けている現状がある。 もはや、ここまでくるとバンドブームは一時的な…

まさに夢のコラボ!!セカイノオワリの新曲『RAIN』が『メアリと魔女の花』の主題歌に決定した話

この夏に公開される米林宏昌監督のアニメーション映画『メアリと魔女の花』の主題歌に、我が国が誇るファンタジック・アーティスト「SEKAI NO OWARI」の新曲『RAIN』が起用されることが決定し、ちょっとばかり世間を騒がせているので、記事にでもしてみよう…

「ロックTシャツ」?ふざけんな「バンドTシャツ」だ!!

皆さんは御存知ですか?「バンドTシャツ」のことをオシャレに「ロックTシャツ」などと呼んでいる人達がいることを。 その辺に関しては同一商品でも時代によって呼び名が違うことも多く、夏のお供である「サングラス」を例にしてみると、筆者のような中年男性…

武道館公演を茶番劇に変えてしまった「MY FIRST STORY」の「HIRO」

結成から6年。人気バンドの登竜門である単独武道館公演も大成功に収め、シーンでの存在感を着々と強めている「MY FIRST STORY」。 デビュー当時はネットの掲示板を地獄の業火で包み込む勢いで炎上させていた彼らも(9割はボーカルのHIRO(ヒロ))、ここ最…

[Alexandros]川上洋平がイケメンと言われる3つの理由

CMやドラマに楽曲が起用され、デビュー以来継続して人気を高め続ている[Alexandros]。(アレキサンドロス)そんな話題のバンドの中心メンバーである“川上洋平”が“イケメン”と巷で注目を浴びている。最近のバンドマンは「イケメン」「イケメン」とすぐに言…

「SHISHAMO」は「ブスかわいい」じゃない「ブス」だ

「君ってさ、「SHISHAMO)ししゃも)」のボーカルの娘に似てるよね」 社内の潤滑油を目指すべく、コミュニケーションの一環で伝えた褒め言葉なのだが、部下の女性からは親の仇でも見るような眼で睨まれ、翌日には上司から事情を聞きたいと、僕は呼び出しを受…

カワイイ女性アーティストを淡々と紹介する話

筆者はカワイイ女性アーティストが大好きだ。この感性だけは永遠に変わることがないだろう。本日は女性アーティスト達の「ヴィジュアル」を前面に押し出した紹介をしたいと思う。音楽性?知った事か!! 目次 Awesome City Club – 今夜だけ間違いじゃないこ…

THE BACK HORNの人気曲ランキングがしっくりこない話

興味を持ったバンドの楽曲を調べる際に、結構利用してしまう「人気曲ランキング」。しかしながら、このランキングってどのような基準で作成されているかは実際のところ謎なのである。中には、「ファン100人が選ぶ人気曲ランキング」といった信頼できそう…

ファンに対するワンオクTAKAの苦言と、アーティストのファンが起こした事件についての話

人気バンド「ONE OK ROCK」のボーカルであるTAKAが一部のファンに対し、インスタグラムにて苦言を述べたことはネット・ニュースなどにも取り上げらた有名な話である。 本来であれば大切にしなければいけない「ファン」に対し、何故こういった苦言を述べる形…

ONE OK ROCKとLINKIN PARKが共演!!本当に大丈夫なの?

2017年5月に7thアルバムとなる『One More Light』を全世界同時リリースする「Linkin Park」。新作のリリースに伴い開催されるワールドツアーでは、4年振りとなる来日公演も決定しており、音楽情報サイトなどでも大いに話題となっている。 そんな中、衝撃のニ…

      スポンサー広告